修理が必要な部分は専門業者に相談してみる

点検が必要

寿命は機器によってまちまち

ガス給湯器については、一般的な寿命は10年と言われています。ここでいう「寿命」についての明確な基準は存在しませんが、故障が多発して本来の機能を発揮できなくなるまでという考え方がおおむね妥当です。 しかしこれはあくまでも目安であって、個々の機器は使用頻度や設置条件などによって寿命が10年より長くなることもあれば短くなることもあります。また、給湯器本体は問題なくても部品の劣化によって故障が発生することもあります。 現在はガス会社が法律に基づいて3年おきに点検を行っていますが、経験した人なら分かるとおり1〜2度燃焼試験をするだけで給湯器内部の細かいチェックはしません。調子がおかしいな、と思ったらガス機器業者に依頼して本格的な点検を受けるのが賢明です。

異常を発見したらすぐに点検を

では寿命がきた給湯器はどんな状態になるかというと、これはケースバイケースで一概には言えませんが、ある日突然まったく動かなくなるといったことはめったにありません。何らかの予兆があるのが普通です。具体的にはお湯の温度が急に熱くなったり冷たくなったり一定しなくなる、動作音が大きく耳障りになる、配管のどこかから水漏れが起こるといったことが挙げられます。こうした事象が発生したらすぐに点検してもらい、機器の修理または交換を行うようにします。 点検を受けるにはその給湯器を取り付けた業者に依頼することになりますが、取り付け時の記録が残っていない、前の住人が取り付けた後に引っ越してきたなどの場合は、メーカーのサービスセンターに連絡すれば対応してもらえます。